塩瀬薄墨色地名古屋帯*塔(未仕立)

商品詳細

晩秋の頃。

天守の塔の最奥にて。

 

秋になると思い出す泉鏡花の一幕を、染め帯に表しました。

和歌や能、物語など、文学的なテーマを意匠に取り入れるのは日本人独特の感性であり、古典的な手法です。

知的で優雅な遊びですね。

 秋の情緒を表現するための手段として、あくまでデザインを重視しつつ、そんな先人達の遊び心を倣ってみました。

 

 

【参考価格】 62,000円  

※価格は変動いたします。

生地違い、地色違いなどのご注文も承ります。

 

【生地】 五泉産塩瀬

 

【地色】 薄墨、ごく薄いグレー 

 

 

 

他の写真